2017-11-/ 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011-12-05(月)

7ちょこれーと・らぶ



目次

……未だに信じられない。まさか雅兄が先生をやっていたなんて。



確かに夢を語っていたような…気もしなくは無い。

何せ等の昔。記憶が薄れてきているのも無理が無いのでは無いか?




「一時限目は歴史か。」



ボソッと隣で呟く声が聞こえ、ちら見する。

----たしか、凄いモテる人。名前なんだっけ?


「---穂波咲斗。」

「…!?」

俺は別に何も喋ってないのに、隣の彼はこちらを向いて名前を名乗った。
確かもの凄くモテるらしく隠し撮りとか出回ったり、特に告白の数も凄いとか。


「……お前は?」

「えっ、あ、……あぁえと、矢島康。康でいいよ?」

「康……」

「…?」

激しく皆の(主に女子)の目線が痛い。俺は男だからマシなんだろうな。
もし俺が女だったらこの時点で虐められたんだろうなと思う。

それに、モテて注目されるヤツも大変だと言うことが少し理解出来たしな。


「せ~んぱいッ」

教室の前を覗かせる裕太の姿。

後ろからは「きゃぁ~」とか「裕太くんじゃない?」とかやたらと黄色い声が上がった。
スポンサーサイト

テーマ : BL小説 - ジャンル : 小説・文学

22:45  |  ちょこれーと・らぶ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する

URL
コメント:
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://mayu1sakuraisho.blog.fc2.com/tb.php/10-ffb99c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。