2017-11-/ 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012-10-01(月)

ポリスに恋して。


俺の心をとらえるモノは・・・。



[More・・・]

好きな言葉、自由。

嫌いな言葉、束縛やら縛られること。




すなわち、俺方丈誠(ほうじょうまこと)は誰かの下にいてペコペコするのが大嫌いな、まぁごくふつうの高校生である。趣味は昼寝。ここの高校も屋上に行けるから選んだようなモノだ。特技は誰よりも早く寝ること。・・・つまり自由というより、一人でいたいだけなのだ。


みんな俺のことをヤンキーだと思っているのかもしれないが、そういうわけではない。金髪にしてるわけでも安いチェーンをつけてる訳でもない。授業をサボっても学年で毎回一位だし、正直勉強なんてしなくても10位以内に入れる自信はある。


だけど・・・。正直つまらない。退屈な高校生活なのだ。女子に困ることはないけれど、女子に対しての興奮とやらに俺は欠けているらしい。たたなくて女子を泣かせたこともある。



「・・・つまんねぇの。」

「へぇ~」


俺の後ろから意地の悪そうな声が聞こえた。別に顔を見た訳じゃないけど、明らかに鼻で笑ってる様な声。だけどいらだつ訳でもなく、俺は何となく惹かれた。


声が胸の深いところで響く。低くて静かな声は、俺を自然と興奮させた。
・・・女子じゃたたないのに。


「君、いかにも一人好きですって顔してるけど。・・・さびしいんじゃない?」



途中終了。
スポンサーサイト
23:58  |  一言  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する

URL
コメント:
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://mayu1sakuraisho.blog.fc2.com/tb.php/136-adbd1742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。