2017-04-/ 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012-04-08(日)

14執事様のご奉公

[More・・・]

俺の母は父のせいで壊れていき、母も事業を始めたようだった。化粧品会社を立ち上げたようで、よくは知らないけれどヒットしたらしく、母も家にはあまり帰らなくなった。

だけど悲しいとか、寂しいとかそんな感情はもう持てなくて。俺も気持ちを隠すような性格になっていた。今も夕凪以外には上手く接する事が出来ないのだが、当時は誰とも喋られず、だからといって別に喋りたいとも思わなかった。


「隼人、あたし海外に売り出すことになってね~、しばらく帰ってこれないかもしれないけど良い?」
「良いですよ」


喋る時には、敬語。母に対しても笑えない。
家族の名も、うわべだけ。絆なんか一つも無い。


中学1年の夏。


その当時、副担任だった男の先生が、俺を心配するようになった。この先生は生徒からの信頼も厚く顔も良いから女子達に大人気で、人気っぷりは凄かった。


そんな先生は正直おせっかいだと思っていたけれど、俺に構ってくれる人なんていなかったから、嬉しかったのかもしれない。この先生にしか笑えない程、心を許してしまっていた。


「隼人は、好きな人いるの?」
「居ないですよ、俺は女に興味ないですから」

別に本当の事だった。人間に興味が無いという意味だった。





「・・・俺の事は、どう思う?」



気が付いた時には1m以上あった距離が数センチになっていて、吐息が俺の顔にあたる程、近づいていた。


「良い、先・・・」


先生は俺の唇にキスした。



たったそれだけ。それだけなのに、今まで感じたことの無いような感情で包まれた。




そして、その感情の正体はすぐに分かってしまった。これが「恋」なのか・・・と。



スポンサーサイト

テーマ : 自作BL小説 - ジャンル : 小説・文学

14:09  |  執事様のご奉公  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する

URL
コメント:
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://mayu1sakuraisho.blog.fc2.com/tb.php/96-39b6d452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。